09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名詞構文

Both the banking industry and the real estate market saw a rise in profits over the past quarter.
銀行業界と不動産市場はともに、この前の四半期の間に利益の上昇を見ました。



TOEICの問題集にあった英文です。

どうも、しっくりしない英文なんですよね。下線引いたところがね。
take a restとかと同じ構文だとは思う。それなら、「利益が上昇しました」でいいんじゃないかと思うし。
「上昇を見た」って、そんな直訳はよくないよね。

日本語があって、それを英語にしたのか、その逆なのか分からないけど、この英文は、正しいのかな。
公式問題集なんだし、正しいと信じたいけど、なんかしっくりしない英文ですね。

あ、公式問題集リーディング編のp63に件の英文はあります。

やけに暑い夏ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?
スポンサーサイト

's所有格とof 名詞



Mr. Montoya's biography of former president John Kendall is the subject of much debate.
Montoya氏による、前社長John Kendallの伝記は、多くの議論の的になっています。



公式問題集リーディング編からの抜粋です。
A's biography of B
biography を~'sとof ~の両方で、サンドイッチみたいに挟んでいるんですね。
所有格と前置詞のofで挟んでます。
さて、人が2人登場して、誰の伝記?ってなりませんかね?!

何でもかんでも、「の」で解釈しようとするからおかしなことになるんですね。
さて、「表現のための実践ロイヤル英文法」でも読みますかね。

関係ないけど、語尾に、を付けるとちょっとカマっぽい

文法書に対する要望

文法書が、参考書売場に溢れかえっています。しかし、この要望を満たすものはありません。
たったこれだけでいいのに、どうしてないんだろう?英語力を上げさせない国策か?!と思うくらい質のいい参考書がない。


  1. 著者が、実際の英語の使い手。

  2. 日本の学校文法ではなくて、リアルの英語が対象。

  3. 英文は、ネイティブがチェック。

  4. 例文集が、小冊子で付録されている。

  5. 例文集は、左ページに、英文、右ページに和文の構成になっている。

  6. 例文に音声が付いている。(CDでもダウンロードでもどちらでも可。)

  7. 音声は、ネイティブのナチュラルスピード。

  8. 妙な効果音がない。番号や章番号を、発音していない。

  9. (これは、出来ればの希望ですが)英文一つにつき、1ファイル。



何だかんだで、「文法やってないよな」と思って、Re-startを、やりだしました。
CD-ROMに、音声が入っていますね。CDは、2レッスンでまとめてになっていて、章またいだりしてて、とてもじゃないけれど使えません。
いま、本文読んでいて、音声はちゃんと聞いてないけれど、どんな感じかな。少なくともナチュラルスピードみたいですが。

表現のためのロイヤル英文法は、小冊子も付いているし、音声はナチュラルスピードでしたよね。確か。
ただ、小冊子を見たら、章の頭に、文法項目が書いてなかったような。大した問題ではないれど。


  1. 著者が、実際の英語の使い手。
    通訳だの翻訳だのは言わないけれど、文法の知識ばっかりで、実際に話せないとかだと…(なんて失礼な!)
    翻訳と言えば、某SNSで、翻訳を生業にしていると仰る方が、副詞が名詞や代名詞を修飾する用法を知らないことがあって、少々驚愕したことがありましたが。ブツブツ

  2. 日本の学校文法ではなくて、リアルの英語が対象。
    助動詞の(過去形の)扱いが、キモかなと思っています。事柄が起こる可能性を扱ってくれていると、いいですね。
    must, might, should, could + be のあれです。辞書引けば?って話かもしれないけど。
    「助動詞の過去形=過去を表わすわけではない。仮定法が含意されている」とかだと、ちょっと違くないですか?

  3. 英文は、ネイティブがチェック。
    文法的には正しいけど、不自然な英文なんか覚えたくないですよね。

  4. 例文集が、小冊子で付録されている。
    例文だけを集中して覚えられるので。

  5. 例文集は、左ページに、英文、右ページに和文の構成になっている。
    …ので(笑)。

  6. 例文に音声が付いている。(CDでもダウンロードでもどちらでも可。)

  7. 音声は、ネイティブのナチュラルスピード。
    聞いたら、「逆に英語力下がるんじゃないか」と思うゆっくりとした音声ってありますよね。殺意がわきます。

  8. 妙な効果音がない。番号や章番号を、発音していない。
    いりません。耳障りです。覚えるのに障壁になります。たんたんと英文だけを発音してくれたらいいです。

  9. (これは、出来ればの希望ですが)英文一つにつき、1ファイル。
    そうすると、苦手な英文だけを覚えられます。これを満たすなら、6は、ダウンロードになりますが。CDって、99ファイルまででしたよね。



読み返したら、盛り込み過ぎでした。

  • 例文集

  • ナチュラルスピード

  • 番号や章番号を発音していない


だけでいいから、どこかの出版社さん、何とかしてくれませんか?


駿台から「耳から覚える例文集」とかいうタイトルの参考書が出ていましたね。
タイトルは、うろ覚えですが。立ち読みしたら、なかなかいい感じでした。
買おうかどうか迷いましたが、山のように文法書を持っているのに、またお金をかけるのはなぁ…と思って、本棚にあるもので何とかしようと思いました。

文法書の評論家になってはいけませんね。ちゃんとやりますよ。
お久しぶりです。みなさん。なんだか異常に暑くて大変ですね。
無事に生きています。気にしてないかもしれませんが。

海だの山だの映画だのに行くだけが、休みの過ごし方じゃないですよね。
(給料日前で、お金がないともいう)
今日は、午後から、図書館に行って、Re-startをやろうかと。

コメントもらっていたのに、返信できていなくてすみません。後でコメントします。

文法使わずに解釈できるか

中3の家庭教師してます。県の入試の過去問を解いてもらっています。

「学校の先生は、文法の説明あんまりしない?」って聞いたら、「あんまり、しません。」だそうだ。

外国語だし、必要なんじゃないんですかね。

中学で、どんな英語の教え方なのか知らなくて、自分なりの解釈の仕方になっちゃってごめんねー。
自分が、中学生の頃の授業もあんまり覚えてないや。

なぜか謝る。

(追記)
自分が中学の時は、教科書の暗記と、教科書の問題集で受験乗り切った記憶がある。あんまり文法がどうとかやらなかったな。下手な伊藤和夫もどきみたいな説明をするのは、間違ってるかもしれない。「このbeforeは、副詞か、接続詞か、前置詞かどれでしょう?単独だから、副詞」なんてそんなこと言ってる先生いなかったわ。

theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

前置詞句の解釈

中学2年生に、家庭教師で英語を教えることになりました。
教科書をやっていたら、こんな文があったんですけど、これは、どう解釈するのがベストなんですかね。

The sun was bright in the blue sky above him.



The sun(S) was(V) bright(C) in the blue sky(M) above him(M).

なのは、いいとして、above himが、

  1. 文全体あるいは文の述語動詞であるwasを修飾すると考えるのか

  2. the blue skyを修飾すると考えるのか、



どちらの解釈が正しいのでしょうか?

(2)だと思うのですが、(1)だとしても不都合はないしなぁ~と悩んでしまったんですけど。
(2)なら、限定する用法になるんですよね。

限定とかその手の話が少し弱いんですけど。

前置詞句をやり直すか。

やっぱり(2)ですよね。前置詞句を自然に解釈するなら。

広告エリア

プロフィール

けん1973

Author:けん1973


travelerken7☆yahoo.co.jp
最終的な目標は、ノンネイティブとして、最低限、情報が得られて、情報を発信できるレベルに達することです。
そのための目安としてTOEICを考えています。

それから、自分に自信を付けたいんです。←ここ、すごく重要。

2009年の夏に、英語の勉強を始めました。
上級の皆さんのブログを拝見すると、まだスタート地点にも立てていないような状況ですね。

英検2級(1999年ごろ)、
TOEIC
520点(2008年9月)
350点(2009年5月)←ひど過ぎ
520点(2009年9月)←猛勉強して元に戻す。
535点(2011年11月)←微増

コメント、相互リンク大歓迎です☆
ブログの更新の励みになります。

栃木NHKラジオ英語勉強会

栃木NHKラジオ英語勉強会
サークルを立ち上げようと思っています。賛同者は、ご連絡ください。

Blog☆Ranking

Amazon

QRコード

QR

やり遂げた教材

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。