03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コースケの大脱走 原因・理由の副詞節を導く接続詞

scene55

このテキスト:コースケの大脱走は、ポイントとなっていないセンテンスが、妙に気になることがあります。

今回、「ん?」となったのは、これです。

I'm so happy that you two came home safely!
訳:あなたたち2人が無事に家に帰ってくれて本当にうれしいわ!



so…that~という形をしているけど、そうすると、おかしいんですよね。

あれ?これって、どんな構文だっけ?と思って、「くもんの中学英文法」で調べてみました。

《so…that~》で「とても…なので~」という意味になります。
接続詞のthatをつかった重要な熟語です。



これを、そのまま、当てはめてみると…

私は、とても幸せなので、あなたたち2人が、安全に家に帰って来た。



何か、いや、明らかに変じゃないですか?

that以下が完全な文だから、thatが、接続詞なのは間違いない。
(関係代名詞なら、文が不完全なはず)
そんなわけで、「くもんの中学英文法」の索引でthatを引いて、該当するページを開いてみました。

名詞節の説明があって、何か違う。
その下を見ると、こんな説明があります。

ポイント2
接続詞 thatは、《be動詞 + 形容詞 +that ~》の形の文をつくることもあります。



これかな?
これっぽいな。

でも、まだ、納得がいかない。図書館で、勉強していたから、家に帰って、ロイヤル英文法を引っ張りだしてみる。で、タイトルの「原因・理由の副詞節を導く接続詞」に行き着きました。
こんな注があります。

[注]名詞節と副詞節のthat:
<be glad that …>などのthat節は、歴史的には原因・理由を表す副詞節であるが、be afraid that…=fear that…などと同じように考えて、名詞節とすることもある。



う~んすっきりしないんですねえ。
そういえば、mixiの英文法のコミュで、そんなやり取りを見たなぁ~と思い出しましたが。
スポンサーサイト

theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

コースケの大脱走 scene30 単数形と複数形

(Kosuke opens the door and goes to the telephone.)
Kosuke:OK, let's see. For emergencies, I have to dial "1-1-0". (He dials.) ...What? Nothing happens. Oh, no! The number for emergency must be different in the States.



このセンテンスで、emergencyを単数と複数両方を使っているのは、どうしてなのか疑問に思ってしまいました。

幸介は、日本の中学生だから、英語が分かっていないという落ちは、いりません(笑)。

さて、何ででしょうね。

思ったことを、後ほど、書き込みます。
結論から言うと、分かっていません。

Help me!

(編集中)

theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

広告エリア

プロフィール

Author:けん1973


travelerken7☆yahoo.co.jp
最終的な目標は、ノンネイティブとして、最低限、情報が得られて、情報を発信できるレベルに達することです。
そのための目安としてTOEICを考えています。

それから、自分に自信を付けたいんです。←ここ、すごく重要。

2009年の夏に、英語の勉強を始めました。
上級の皆さんのブログを拝見すると、まだスタート地点にも立てていないような状況ですね。

英検2級(1999年ごろ)、
TOEIC
520点(2008年9月)
350点(2009年5月)←ひど過ぎ
520点(2009年9月)←猛勉強して元に戻す。
535点(2011年11月)←微増

コメント、相互リンク大歓迎です☆
ブログの更新の励みになります。

栃木NHKラジオ英語勉強会

栃木NHKラジオ英語勉強会
サークルを立ち上げようと思っています。賛同者は、ご連絡ください。

Blog☆Ranking

Amazon

QRコード

QR

やり遂げた教材

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。