08
1
2
3
4
5
6
7
8
19
20
23
24
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月24日の学習記録

新TOEIC TEST「正解」一直線 必ず出る単語リスト200 PART2 1~10
くもんの中学英文法 第10章不定詞と動名詞と分詞
速読英単語入門編 第1章 [9]~[10] 読解
レベルアップ英文法 Lesson24 20回×2 シャドーイング
コースケの大脱走 ACT1 読解の復習



ふ~、今日は、盛りだくさんでした。
でも、一冊の教材に集中した方が、いいような気もします。
くもんやコースケは、一応は、復習だし。まぁ、いいかな。コースケは、3回目。
さすがに、辞書持ち出して、確認は、もう、しませんでした。
ポイントとなる事項を、分かっているかどうか、さらっと確認しました。

速読英単語入門編は、何とか読めますね。高校レベルの読解や文法の勉強を、一通りやったことはないけど。

そろそろ、TOEICの模試に取り組みたいんだけど、「まだ、早い。少なくとも、高校レベルの構文集を、パブロフの犬にしてから」という葛藤もあります。
スポンサーサイト

theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

新TOEIC TEST「正解」一直線 必ず出る単語リスト200 PART2

ボキャブラリーを増やす目的で、「新TOEIC TEST「正解」一直線」の「第4部必ず出る単語リスト200」をやりだしました。



急がば回れとも言うし、メインのテキストに集中したほうがいいのかなぁ~とも思うのですが、
ボキャブラリーを増やした方がいいのも確かなので、やってみます。

もともとは、解説の詳しい模試として買ったのですが、そんないいもの(単語リスト)があるなら、やってみようと思って取り組んでいます。

単語リストというタイトルだけど、一昔前の単語集みたいに、単語と日本語訳が並んでいるのではなくて、TOEICに特化した例文が並んでいて、その中で、単語が覚えられるようになっています。

そんなわけで、今日は、パート2の1~10をやってみました。
やり方は…
・CDを3~4回聞く。
・どこが聞き取れないか、把握する。
・英文を確認する。
・辞書などで調べる。
・知らなかった単語、あやふやだった単語を、マーカーで塗る。
・上記の例文を、5回、紙に書く。

単語を、マーカーで、このように分けてみました。

1.全く知らなかった単語:オレンジ
hallway

2.単語は知っていたが、この例文での使い方は知らなかった:黄色
serve, return

3.あやふやだった:黄色
in charge of, accept

2と3の色を、分けようかとも思ったけど、厳密に区別が付かない場合もありますね。

他の皆さんは、単語を調べてみて、完全にわかっている単語はいいとしても(あ、それなら、調べもしないか)、あやふやだったり、他動詞としても単語の使い方は、知っていたけど、自動詞は知らなかったとか、名詞を知らなかったとか、そういう場合は、どうされているんでしょうね。

「どうしているも何も、知らなければ覚えるだけ」と言われたら、それは、そうなんですけど。
何だか、はっきりしない疑問ですみません。

単語の定着度のレベルを、どの程度区別しているかという話なのですが。


theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

広告エリア

プロフィール

けん1973

Author:けん1973


travelerken7☆yahoo.co.jp
最終的な目標は、ノンネイティブとして、最低限、情報が得られて、情報を発信できるレベルに達することです。
そのための目安としてTOEICを考えています。

それから、自分に自信を付けたいんです。←ここ、すごく重要。

2009年の夏に、英語の勉強を始めました。
上級の皆さんのブログを拝見すると、まだスタート地点にも立てていないような状況ですね。

英検2級(1999年ごろ)、
TOEIC
520点(2008年9月)
350点(2009年5月)←ひど過ぎ
520点(2009年9月)←猛勉強して元に戻す。
535点(2011年11月)←微増

コメント、相互リンク大歓迎です☆
ブログの更新の励みになります。

栃木NHKラジオ英語勉強会

栃木NHKラジオ英語勉強会
サークルを立ち上げようと思っています。賛同者は、ご連絡ください。

Blog☆Ranking

Amazon

QRコード

QR

やり遂げた教材

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。