01
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

workforceの使い方

If a corporation wants to maintain a competitive edge, it needs to keep a workforce that's motivated, creative and empowered to work in the company's best interest.
もし会社が競争上の優位を保持したければ、やる気と創造力があり、会社にとって一番利益になるように働く権限を与えられている社員を保有する必要がある。



手元のTOEICの単語集にあった例文です。
どうもよく分からない。
まだ、このレベルじゃない。
出直して来い!ってことなのかしら。

最初のIf節は、特に問題ないですね。
次の主節は。。。
it=a corporation
ここまではよし。

keep a workforce あたりから怪しくなる。
怪しくなると言うか、一応の解釈としては、that's以下で、a workforceを修飾しているわけですね。


会社は、a workforceをkeepする必要がある。

と言っているんですね。
駄菓子菓子
workforceって、全従業員って意味じゃないですか?
やる気と創造力があり、会社にとって一番利益になるように働く権限を与えられている社員=全従業員
は、おかしいでしょ?!
それは、会社のトップにとっては、夢のような組織かもしれないけど、ありえないんじゃ。。。

もう一回、解釈に戻ります。

that's motivated, creative and empowered to work in the company's best interestは、名詞節で、a workforceと同格になるんだと思うんです。

もうちょっと考えてみるか。
workforceを英英で調べると突破口が開けるかもしれない。
スポンサーサイト

theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

今年の抱負

さて皆さん、年が明けましたね。
英語で社会復帰なんていう、意味の分からないタイトルのブログをやっていますが、本気で社会復帰を考えないと、マジで、やばいです。本気で後がないことになりますね。

いろいろといい加減に生きてきたつけを、払わないといけない。
そんな感じですね。

今年は、30代最後の年です。
職安で、情報端末で、求人情報を検索すると、「40才まで」という求人ばかりです。
人から雇われると言う道を選ぼうとすると、極端に、厳しくなります。

日本のage discriminationは、何とかしないといけないんちゃいますかね。

自分では、若者ではないけれど、おっさんでもないと思っていたんだけど、もう立派な中年に突入しちゃいます。
Midlife Crisis
ってやつです。はい。

あ、話題がおかしくなってる。
閑話休題。

英語は、最近は、1997年のNHKラジオ英会話を中心に、勉強しています。
Hopes, love and dreams in New York (NHK CD Book―NHKラジオ英会話ストーリーブック)
大杉 正明
日本放送出版協会
売り上げランキング: 193584


CDブックにもなった、NYが舞台の回ですね。大杉先生が担当された最後の年です。
ただし、後半をやっています。前半は、親父が、始終怒鳴っていて、ちょっと。

当時(1997年)、毎月、テキストとテープを買っていました。
その後に出たCDブックも持っています。

毎月、4週分は、やろうと決心したんだけど、なかなか守れない。一つの英文を、30回音読することにしました。
1997年当時、一週間で、4つの英文を扱っていて、それが4週だから、たったの16個の英文なんですよね。
つまり、月に、16個の英文でいいんだから、ほぼ1日置きでいいのに。。。

ぐだぐだしてきたけど、こんなことを抱負にしようかと。


  1. Hopes, love and dreams in New Yorkを、一ヶ月に、4週間分、一つの英文を、30回音読する。

  2. TOEICで、600点以上取る。

  3. vocabulary for dummiesで、vocabularyを得る。





TOEICの結果から逃げないようにしたいと思います。
点取れないと、ダメなんじゃないですかね。やっぱり。お祭り騒ぎ的なのは、どうかと思うけど、日本で認められている以上、逃げててもしょうがない。Midlife Crisisに直面しているのに、いい点取れば就職できるとは、思わないけど、ちゃんと真正面からぶつかることに意義があるような気がする。

去年、中国を旅行した時に、日本語を話せるオーストラリアのおばさんに、
「英語の文法は、少しやったけど、ボキャブラリーは、あんまりやったことなくて。。。」って言ったら、
「ボキャブラリー?ボキャブラリーって何?」
「あー、ヴォカァブラリーね。」
「いい?ヴォ、ヴォ」って、中国の安宿が、一瞬にして、英会話教室になったことがある。

以上、今年の抱負でした。
抱負と言った以上、ちゃんと守った方がいいね。守れなくても守る努力はした方がいいね。

theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

広告エリア

プロフィール

Author:けん1973


travelerken7☆yahoo.co.jp
最終的な目標は、ノンネイティブとして、最低限、情報が得られて、情報を発信できるレベルに達することです。
そのための目安としてTOEICを考えています。

それから、自分に自信を付けたいんです。←ここ、すごく重要。

2009年の夏に、英語の勉強を始めました。
上級の皆さんのブログを拝見すると、まだスタート地点にも立てていないような状況ですね。

英検2級(1999年ごろ)、
TOEIC
520点(2008年9月)
350点(2009年5月)←ひど過ぎ
520点(2009年9月)←猛勉強して元に戻す。
535点(2011年11月)←微増

コメント、相互リンク大歓迎です☆
ブログの更新の励みになります。

栃木NHKラジオ英語勉強会

栃木NHKラジオ英語勉強会
サークルを立ち上げようと思っています。賛同者は、ご連絡ください。

Blog☆Ranking

Amazon

QRコード

QR

やり遂げた教材

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。