08
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

8月15日の学習日記 受け身

くもんの中学英文法 第7章受け身



この日に、できたのは、これだけでした。
やっばー、モチベーション下がってるなぁ~。

この本のすばらしいところは、いきなり、能動態の文を、受動態の文に書き換えることから始めていないってことだと思います。「受け身への書きかえ」も扱ってはいるけれど。いきなり、最初に、じゃない。他動詞の目的語を、主語にして、主語を、by 目的格にして、動詞を、be動詞 過去分詞って、説明だと、何でもほいほいと、受動態と能動態が書きかえられるみたいじゃないですか?

《be動詞+過去分詞》で、「~される」という”受け身”の意味になります。



ということです。

気になった説明は、、、

受け身の表現をふくんだ《be動詞+過去分詞+前置詞~》の形の熟語を覚えましょう。



感情や心理状態を表すとき、英語では受け身の表現をつかうことがよくあります。これらもしばしば、《be動詞+過去分詞+前置詞~》の形の熟語になっています。



ただの熟語じゃなくて、「受け身の表現を含んだ」熟語だと理解する必要があるんですね。

I am satisfied with the plan.


みたいなセンテンスです。

「~によって」をいう”必要がないとき”なども、by~のない受け身の文となります。このような受け身の文はたくさんあります。



それは、しらなんだ(笑)。一般の人々の場合に、省略するのが普通だとは知っていたけど。

というか、2回目のはずなのに、まるで、初読のような感想は、一体、、、(笑)。

(編集中)

theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

Secret

広告エリア

プロフィール

けん1973

Author:けん1973


travelerken7☆yahoo.co.jp
最終的な目標は、ノンネイティブとして、最低限、情報が得られて、情報を発信できるレベルに達することです。
そのための目安としてTOEICを考えています。

それから、自分に自信を付けたいんです。←ここ、すごく重要。

2009年の夏に、英語の勉強を始めました。
上級の皆さんのブログを拝見すると、まだスタート地点にも立てていないような状況ですね。

英検2級(1999年ごろ)、
TOEIC
520点(2008年9月)
350点(2009年5月)←ひど過ぎ
520点(2009年9月)←猛勉強して元に戻す。
535点(2011年11月)←微増

コメント、相互リンク大歓迎です☆
ブログの更新の励みになります。

栃木NHKラジオ英語勉強会

栃木NHKラジオ英語勉強会
サークルを立ち上げようと思っています。賛同者は、ご連絡ください。

Blog☆Ranking

Amazon

QRコード

QR

やり遂げた教材

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ