08
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

目的語を必要とする自動詞???


  • くもんの中学英文法 第3章名詞と代名詞

  • timeforkids Fighting the Flames 2段落目




くもんの中学英文法を読んで、一番気になったのは、不定代名詞ですね。
「不特定の人やものをさす」という発想は、日本語ではあまりしませんよね。
というか、この初読のような感想は一体…。
それこそ、ばくぜんと読んでしまったのでしょうか?
一回目だと、何となく、読み進めてしまうことってあるかもしれませんね。
でも、なるべくなくすようにします。

timeforkidsの記事を読み進めています。
今読んでいるのが、カリフォルニアの山火事の話なのです。
出てくる語彙が、TOEICに直結するかというと、多少微妙な感じもします。
関係代名詞という名の形容詞節で、名詞を修飾している文が多いのですが(くどい言い方ですみません)、関係代名詞の節内で、時制が現在完了の文が多いです。これは書く人の癖なのでしょうか?

今度は、もう少しビジネスっぽいTOEICの長文対策になりそうな記事を選ぶようにします。

あ、でも収穫が1つ。

get into ~:[自+]〈目的地など〉に到着する


今日、これが出て来ました。辞書を調べた時に、[自+]が出て来ると、気にはなっていたんです。
この自動詞なのに、目的語を必要とするって、一体どういうことなんだろうって。
で、辞書をよく読んでみました。ちゃんと説明がありました。

[自+]自動詞+前置詞。目的語は前置詞の目的語である。



よかった~。すっきりしました。ちなみに、これは、くもんの中学英文法で扱っているんですよね。
本当に侮れない本ですね。



theme : 英語学習記録
genre : 学問・文化・芸術

こんにちは♪

相互リンクありがとうございました♪またちょこちょこお邪魔させていただきますね^^
Time For Kids私もネットで読んでますよe-68
Part7はいかに早く読んで情報をキャッチするのかがポイントなので、
簡単な本や記事でも沢山読めば確実に力が付くと思いますe-287
最初は1回速読して内容がどこまで取れるか確認して、次にじっくり読んでいます。
語彙はTOEICとは直結しないかもしれませんが、勉強になりますし、
読みやすいので私は好きですよ♪
英語の勉強に、無駄な事なんてないですよ(`ω´)ノ

Re: こんにちは♪

いえいえ、こちらこそ、ありがとうございました。

まず、何も見ないで読んで、次に辞書などを見ながら読んでいます。
形容詞や副詞は、意味が分からなくても、何とかなるけど、名詞や動詞は致命傷ですね。
特に、動詞が分からないと、きついです。
でも、知らない単語だけど、意味を周りから類推(想像?)して当たっていると、うれしいです。

英語の勉強に、無駄なことなんてない。そうですよね。
毎日、1つのパラグラフでもいいから、読もうと思います。

> 相互リンクありがとうございました♪またちょこちょこお邪魔させていただきますね^^
> Time For Kids私もネットで読んでますよe-68
> Part7はいかに早く読んで情報をキャッチするのかがポイントなので、
> 簡単な本や記事でも沢山読めば確実に力が付くと思いますe-287
> 最初は1回速読して内容がどこまで取れるか確認して、次にじっくり読んでいます。
> 語彙はTOEICとは直結しないかもしれませんが、勉強になりますし、
> 読みやすいので私は好きですよ♪
> 英語の勉強に、無駄な事なんてないですよ(`ω´)ノ
Secret

広告エリア

プロフィール

けん1973

Author:けん1973


travelerken7☆yahoo.co.jp
最終的な目標は、ノンネイティブとして、最低限、情報が得られて、情報を発信できるレベルに達することです。
そのための目安としてTOEICを考えています。

それから、自分に自信を付けたいんです。←ここ、すごく重要。

2009年の夏に、英語の勉強を始めました。
上級の皆さんのブログを拝見すると、まだスタート地点にも立てていないような状況ですね。

英検2級(1999年ごろ)、
TOEIC
520点(2008年9月)
350点(2009年5月)←ひど過ぎ
520点(2009年9月)←猛勉強して元に戻す。
535点(2011年11月)←微増

コメント、相互リンク大歓迎です☆
ブログの更新の励みになります。

栃木NHKラジオ英語勉強会

栃木NHKラジオ英語勉強会
サークルを立ち上げようと思っています。賛同者は、ご連絡ください。

Blog☆Ranking

Amazon

QRコード

QR

やり遂げた教材

スポンサードリンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ